スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぎゃざりんぴっくレポ46回とか

グランプリ2日目のサイドイベントで行われたぎゃざりんぴっく

世界選手権よりも遥かに参加資格のハードルが高い世界で4人のみという壁

わかりやすく言うと

カイブッディ
ジョンフィンケル
LSV
なかしゅー


だけ参加できる招待制の大会。

メンツ毎回固定ならそれもう身内でデッキ回して遊んでるだけじゃんって??














では早速レポにいきましょう



参加者紹介


コンロリ氏

前日グランプリを6-3で抜け、散々大会中は6-3とかでいっても何も良いことないから普通にぶっちしてぴっくいくっしょwwとかコキ散らかすも、いざほんとに6-3すると変に未練がましく、まあ全勝したらプロツアーだし?とか初日6-3のやつが到底なしえない夢を見始めて、朝一でビッグサイトにいくも一瞬で夢を与えるだけの存在と化してこっそり最初からぴっくに合流。交通費をペイしようとして会場で剥いたゲートウォッチは海が近いせいかほんのりと塩の香りがした。


A:青緑ランプ

余ってる緑のランプっぽいのと末裔系の青だけ入れた生き物加速ランプ。そもそもミシュラン1枚しかなくて完全に組むべきカラーリングではなかった


B:赤黒ドラゴン

赤いデッキ組んでないからいろいろ余ってるデビルとかドラゴンとか入れた。黒の強いカリタスとかは全部他のデッキに持ってかれた


C:黒白エルドラージ

エルドラージ一式とギデオン余ってたから組んだ。威圧ドローンて強くね、変位エルドラージとも相性いいしって入れてみた


D:エスパーアグロ

GPに持ち込んだやつ。



ミドル氏

ぴっく中にGP生放送のフィーチャーテーブルに現れたと思ったらそのまま優勝して驚いてたら別人だった。最近は丸いトップメタのデッキが多くておじさん少し寂しいな。マローみたいなうんこみたいなクリーチャーとかまた使って欲しい。アーリンは弱いけどそうゆうんじゃなく何こいつみたいなのね、シューユンザサイレントテンペストとか


A:アーリンジャンド

アーリンと色んなデッキでよく見るクリーチャーが雑に入ってた。


B:赤緑ランプ

有名なやつね


C:緑白トークン

これも有名なやつ


D:黒緑ハスク

これも有名なやつ




ラッセル氏

基本的には童顔なのに体型と上部の具合から40歳くらいに老け込んでて、過労ぽっくり死予備軍感が尋常じゃなかった。デッキはいつになく攻撃的だった。顔に似合わずジェイスとか買いやがって許せない。カンパニー100回スカれ。


A:黒緑ハスク

強いやつ


B:青緑白カンパニー

強いやつ


C:マルドゥコン


最近よく見るやつ



D:黒白エルドラージ


根強く見るやつ




ちんぽり氏

イケメン具合はチームサイゲプロに混じっててもそこそこいい仕事しそう。後ろで見てるとこの人下手くそだなあっていつも思うけど、引きも弱いから結局ミスプレイしてもしなくても負ける運命にある。ある意味一番伸びしろがないかもしれない



A:マルドゥコン

事故りやすいやつ


B:青赤エルドラージ

土地伸びにくいやつ


C:緑白トークン


2-3ドロップしてたけどトップメタ


D:スゥルタイ

ちんぽりハーレー





予選





1位ラッセルハスク(3-0)
2位ミドルジャンド(2-1)
3位コンロリランプ(1-2)
4位ちんぽりマルドゥ(0-3)


ハイライト

コンロリランプ

VSラッセルハスク

相手ダブマリなのにこっち除去ウラモグしかなく全力横展開されて負け


VSミドルジャンド

青単で負け


VSちんぽりマルドゥ

ウラモギして勝ち





1位ちんぽラージ(2-1)
2位コンロリ赤黒(2-1)
3位ラッセルカンパニー(1-2)
4位ミドルランプ(1-2)


ハイライト

コンロリ赤黒


VSちんぽラージ

土地詰まってゴリゴリされて負け


VSミドルランプ

何もされず勝ち


VSラッセルカンパニー

3回くらいカンパニースカって勝ち






1位ちんぽり緑白(2-1)
2位コンロリ白黒(2-1)
3位ラッセルマルドゥ(1-2)
4位ミドル緑白(1-2)


ハイライト


コンロリ白黒


VSちんぽり緑白

ウェストヴェイル2枚とかで相手が事故って勝ち


VSラッセルマルドゥ

威圧ドローンが削って勝ち


VSミドル緑白

ニッサ・ギデオンでおすおすされて負け







1位コンロリエスパー(2-1)
2位ちんぽりスゥルタイ(2-1)
3位ミドルハスク(1-2)
4位ラッセル白黒(1-2)


ハイライト

コンロリエスパー


VSちんぽりスゥルタイ

代言者と土地が止まらず負け


VSミドルハスク

オジュタイして勝ち


VSラッセル白黒

覚醒土地強くて勝ち




下位トーナメント

ラッセルカンパニー〇VSラッセルエルドラージ

ミドルランプ〇VSミドルハスク

コンロリランプ〇VSミドルトークン

ウラモギして勝ち


ちんぽりマルドゥVSラッセルマルドゥ〇




準決勝

コンロリランプ〇VSミドルランプ

難題の予見者でウラモグ抜かれてワールドブレイカー2枚出された上にウラモグも出されたけど不屈の追跡者の物量と秘密を溺れさせるものが最後ブロッカー寝かせて勝ち


ラッセルカンパニー〇VSラッセルマルドゥ


決勝


コンロリランプVSラッセルカンパニー

カンパニーから反射魔導士出て負け



下位優勝はラッセルカンパニーでした!てか下位にくるなよ・・・




上位

コンロリ赤黒VSちんぽりスゥルタイ

衰滅の返しに龍王コラガンが走って、相手のトップが墓地にいるジェイスで出せなくて勝ち


ちんぽり青赤VSコンロリエスパー〇

オジュタイして勝ち


ラッセルハスク〇VSコンロリ黒白


オーメンダールされて、殴られるも除去、しかし減りすぎたライフに徴募兵がズーラポート2匹持ってきて負け

ミドルアーリンVSちんぽり緑白〇



準決勝

コンロリエスパーVSコンロリ赤黒〇

ラッセルハスク〇VSちんぽり緑白

オーメンダールしてた。



決勝

コンロリ赤黒VSラッセルハスク


ガンガン展開してガンガン除去って勝ち



というわけで優勝はコンロリ赤黒でした!

コントロール使ったあとのアグロは楽しいですね
スポンサーサイト

ぎゃざりんぴっく(2016.3)(本戦編)

ではデッキ&人物紹介に続いて試合の模様をお送りします。
個人の記憶によるので間違っていたらごめんなさい。


予選は4デッキ×4ブロックの総当たりで上位2デッキが決勝へ(同率はライフ差)。
予選はメイン1本先取。

決勝はシングルエリミでサイド有りの2本先取という形式です。


予選の組み合わせは以下の通り。

Aブロック
 ・コンロリ赤黒ミッドレンジ
 ・ミドル緑黒ランプ
 ・ちんぽり4Cラリー
 ・ラッセル青赤エルドラージ

Bブロック
 ・コンロリ緑赤ランプ
 ・ミドルアタルカレッド
 ・ちんぽりエスパーミッドレンジ
 ・ラッセルバントカンパニー

Cブロック
 ・コンロリ青単エルドラージ
 ・ミドル白緑硬化した鱗
 ・ちんぽりマルドゥグリーン
 ・ラッセルマルドゥグリーン

Dブロック
 ・コンロリエスパーコントロール
 ・ミドル青赤エルドラージ
 ・ちんぽりマルドゥドラゴン
 ・ラッセル赤黒ドラゴン


予選ダイジェスト

Aブロック

■ラッセル青赤エルドラージ × コンロリ赤黒ミッドレンジ

 出すたび出すたびクリーチャーが除去られていき、
 逆にエルドラージの除去薄すぎてコンロリのカリタスが無双して負け。


■ラッセル青赤エルドラージ × ちんぽり4Cラリー

 反射魔道士でテンポ取られまくってからのカンパニーから反射魔道士で負け。 


■ラッセル青赤エルドラージ × ミドル緑黒ランプ

 ウギンとウラモグまで行かれるも、つむじ風のならず者で押し込んで勝ち。


Aブロック結果
1位 ミドル緑黒ランプ 2-1 ライフ+26
2位 ちんぽり4Cラリー 2-1 ライフ+14
3位 ラッセル青赤エルドラージ 1-2 ライフ-6
4位 コンロリ赤黒ミッドレンジ 1-2 ライフ-34



Bブロック

■ラッセルバントカンパニー × コンロリ緑赤ランプ

 ジェイスが順調に変身してカンパニー祭して勝ち。


■ラッセルバントカンパニー × ミドルアタルカレッド

 土地が詰まり気味だったけどデンプロ&死霧の猛禽で相打ち繰り返してお茶を濁してる間に
 土地引き出して森の代言者がタルモになって勝ち。


■ラッセルバントカンパニー × ちんぽりエスパーミッドレンジ

 お互い空中生成エルドラージと反射魔道士の応酬になるも、
 カンパニーから反射魔道士出てからのロックまで繋いで勝ち。


Bブロック結果
1位 ラッセルバントカンパニー 3-0
2位 ミドルアタルカレッド 2-1
3位 コンロリ緑赤ランプ 1-2
4位 ちんぽりエスパーミッドレンジ 0-3



Cブロック

■ラッセルマルドゥグリーン × コンロリ青単エルドラージ

 マルドゥ特有の色事故かましてる間に
 難題の予見者 → 現実を砕くもの まで行かれて負け。


■ラッセルマルドゥグリーン × ミドル白緑硬化した鱗

 ニッサ連打からあっという間にどうしようもない大きさまで育てられて負け。


■ラッセルマルドゥグリーン × ちんぽりマルドゥグリーン

 包囲サイと除去の応酬になるも、先にチャンドラまでたどり着いて除去りきられなくて勝ち。


Cブロック結果
1位 ちんぽりマルドゥグリーン 2-1 ライフ+24
2位 コンロリ青単エルドラージ 2-1 ライフ+20
3位 ラッセルマルドゥグリーン 1-2 ライフ-21
4位 ミドル白緑硬化した鱗 1-2 ライフ-23



Dブロック

■ラッセル赤黒ドラゴン × コンロリエスパーコントロール

 全除去がぶっ刺さって破滅の道覚醒で強化された白黒ミシュランが止まらなくて負け。
 ナーセットさんは割りと仕事をしてた。


■ラッセル赤黒ドラゴン × ミドル青赤エルドラージ

 炎跡のフェニックス → ナラー夫妻 → コラガン で大量ダメージ叩き込んで勝ち。


■ラッセル赤黒ドラゴン × ちんぽりマルドゥドラゴン

 白が出なくてもじもじ気味の相手にゴブリンの闇住まいやコラコマでアド取って勝ち。


Dブロック結果
1位 ラッセル赤黒ドラゴン 2-1 ライフ+7
2位 ミドル青赤エルドラージ 2-1 ライフ+4
3位 ちんぽりマルドゥドラゴン 1-2 ライフ+1
4位 コンロリエスパーコントロール 1-2 ライフ-12



ここからは決勝。
サイドありの2本先取。



準々決勝

■ミドル緑黒ランプ × ミドルアタルカレッド

使用者かぶりのため緑黒ランプを選択。


■ラッセルバントカンパニー × ちんぽり4Cラリー

お互い反射魔道士の応酬になるも、飛行の差でラッセルが優位に盤面を進める。
ちんぽりがなかなかラリーを引かず、そのままロックまでつないでラッセルが先取。

ジェイス・猛禽・代言者を1ずつ抜いて払拭2と追加のロック1をサイドインするラッセル。
しかし飛行を引かず、ちんぽりジェイスも除去れずもじもじしている間にズーラポートが並んで万事休す。
苦し紛れのカンパニーぶっぱもきれいに払拭されて負け。

ジェイスとズーラポートを除去れないと話にならないので
ドロコマ2と代言者と猛禽をさらに抜いて絹包みをオールイン。
それが功を奏して、払拭ちらつかせながらジェイス、ズーラポートを次々絹包んでる間に飛行が殴りきって勝ち。

よって2-1でラッセルバントカンパニーの勝ち。


■ちんぽりマルドゥグリーン × ミドル青赤エルドラージ

見てなかったけど青赤エルドラージが圧殺したらしく、ミドルの勝ち。


■ラッセル赤黒ドラゴン × コンロリ青単エルドラージ

コラコマで面晶体の遮光器と次元潜入者シャクって、
ゴブリンの闇住まいでもう一回シャクってラッセル勝ち。

サイドインした無限の抹消で難題の予見者と現実を砕くものを追放するも、
打ちもらした現実を砕くものにどうしようもないアド損を強いられて負け。

難題 → 砕くもの ときれいに動かれて圧敗。
火力デッキに砕くものはキツ過ぎんよー。

よってコンロリ青単エルドラージの勝ち。


準決勝

■ラッセルバントカンパニー × ミドル青赤エルドラージ

相打ちしたり反射魔道士したりでテンポ稼いで、
カンパニーから反射魔道士2枚めくれてラッセル勝ち。

ガチムチエルドラージと猛禽が地上でにらみ合う展開になるも、
デンプロに+1/+1カウンターをコツコツ乗せて、
変身ジェイスのプラス能力も相まって誰にもブロックされなくなってラッセル勝ち。

よってラッセルバントカンパニーの勝ち。



■コンロリ青単エルドラージ × ミドル緑黒ランプ

見てなかったけどコンロリのエルドラージが圧殺したらしい。



決勝

■ラッセルバントカンパニー × コンロリ青単エルドラージ

ジェイス → 空中生成という良いスタート。
コンロリも4T難題の予見者という強い動きだったが、
ラッセルのハンドは反射魔道士、カンパニーという鬼のモード。
反射魔道士を捨ててめくれに一縷の望みを託すがカンパニーからも反射魔道士が飛び出しラッセル勝ち。

地上にらみ合いの場に幽霊火の刃が降ってきてバランスが崩れる。
コンロリは頑固な否認も構えつつの磐石な運びで押しつぶしラッセル負け。

難題の予見者に反射魔道士を2回あわせる圧倒的テンポ展開でラッセル勝ち。


ということで優勝はラッセルの

バントカンパニー


でした。

汚いなさすがTier1きたない。

反射魔道士がひたすら強かったのと、カンパニーのめくれが終始良かったのが一番大きいところですが、
ジェイスもデンプロ+猛禽パッケージも強かったし、とにかく隙のないデッキだと痛感しました。

確定除去ないし、大丈夫なん?とか思ってた自分の浅はかさは愚かしい。

いやあぎりぎりのタイミングでジェイス買ってよかった。高いカードは強い(資本主義)


ということでおそらくこの環境のスタンダードは遊び収めだと思いますが、
懸念だった土地も大丈夫そうだし、バントカンパニーは失うものはほとんどない(ロックくらいかな?)ので
次の環境もやってくれるものと期待しております。


それではまた。

ぎゃざりんぴっく(2016.3)(デッキ紹介編)

タルキール落ちるし、スタンダードで最後にフェッチ使おうぜということで開催されたぎゃざりんぴっく。
30代男性が4人集まって密室で奇声あげてるサマはかなりアレな感じがするが
Twitterアイコンは美少女とゆるキャラだからセーフ


かわいいは

正義



といったところで参加者とデッキ紹介。
例によってプロキシ禁止でデッキ4つ用意しなければならないため、財布と構築力が試される。

なお今回も予選はメインのみ、
デッキが8つに絞られてからのシングルエリミからサイドありの2本先取という変則的な形式。


○コンロリ
 Twitterで日々勉強教えますアッピルを繰り返すも、
 ツイートから溢れる下卑た空気感が見事に年頃の女性を遠ざける。
 最近、少女と会話したさすぎてマイクロソフトのJK AIりんなちゃんとガチのラインを繰り広げているらしい。

 仕事がきつくなるとブルマ画像のRTが増える。

→デッキ
 ・赤黒ミッドレンジ … ファイルの余ったカードぶち込んだ除去コン寄りのデッキ。
               カリタスとかやたら高いカードが入ってる。
 ・赤緑ランプ … エルドラージランプ。搭載歩行機械で序盤を耐える。
 ・青単エルドラージ … 最近がんばってるストンピィタイプ。フェッチ不要が心に優しい。
 ・エスパーコントロール … 卓絶のナーセットを使うためにクリーチャー0という意欲作。
                  コンロリ「ナーセットいるから神童ジェイスいらないんすよ、ナーセットいるから…ううっ」


○ミドル
 エリート社畜だったが最近ついに転職を果たした。しかし社畜に神はいない。
 ツイートを見る限り、新たな職場も着々と黒さがにじみ出てきている気がするが
 本人が今のところ幸せそうなので黙っておくことにしたい。

 仕事がきついとツイートの知性が低まる(いつも)。

→デッキ
 ・緑黒ランプ … エルドラージランプ。黒要素はミシュランとサイドのハンデスのみ。
 ・アタルカレッド … 巷のスタンダードシーンではめっきり見かけることも少なくなったが、
             メインの強さが何より求められるぎゃざりんぴっくでは十分ぶち抜きが期待できる。
 ・緑白硬化した鱗 … 予約で4枚買ったニッサの就職先。確定除去の薄いデッキには無類の強さを誇る。
 ・青赤エルドラージ … ストンピィ。コジレックの伝令が入ってる。
               「2枚出たらウギンの目だから」


○ちんぽり
 最近基本土地を好みの絵柄で揃えだしてオトナの余裕を見せ始めたネクストステージちんちん紳士。
 完全にちんちんをコントロールできるようになってしまったのか、泌尿器がらみの話が少なくなってしまい、寂しい限りである。
 いつの日かまたアグロにちんちんを攻めるお姿を見せていただきたいものだ。

 いつも淡々と社畜しているので、仕事量によるツイートの変化は見られない(いつも仕事が多い)。

→デッキ
 ・4Cラリー … 身内で数少ないジェイスホルダーというアドを活かした環境トップメタ。
 ・エスパーミッドレンジ … 反射魔道士、ギデオン、ロックで簡単マジック。
 ・マルドゥグリーン … メインから神聖なる月光が入ってる。
 ・マルドゥ ドラゴン… ファイルの余りものをつっこんだらできたらしい。資産家である。

 というかちんぽりさん白黒好きすぎるでしょう?


○ラッセル
 最近はソシャゲもまともにプレイできず、0時の鐘と戦い続けるシンデレラ社員。
 星☆いっぱい

 はたらく

 はたらく


 これまでは仕事がきついと気持ち悪いツイートが増えたが、
 最近はそれすらできずにひたすら小梅ちゃん画像をRTする機械と化している。

→デッキ
 ・青赤エルドラージ … ストンピィ。みんな大好きノーフェッチ。赤要素は不快な集合体とサイドボードのみ。
               メインの歪める嘆きで全除去耐性を上げていくスタイル。
 ・バントカンパニー … カードを売りまくって買った神童ジェイスが汚いトップメタ。
               ジェイス購入を身内に知らせないというこすズルい根回しがどこまで通用するか。
               メインからロックとか飛行多目の構成。
 ・マルドゥグリーン … 森の代言者とか、緑のパーツがバントに吸われた一世代前のマルドゥグリーン。
               カリタス、チャンドラとメイン月光でワンチャンを狙う。
 ・赤黒ドラゴン … 黒要素はコラガンとコラコマのみ。色事故が嫌すぎて闇の掌握を諦め、極上の炎技というチョイス。
             最後はゴブリンの闇住まいで人が焼けるかぐわしい匂いを嗅ぐ。



以上の16デッキでお送りします。


試合の模様は本戦編にて!

ぷちりんぴっく【本戦編】

こちらでは、試合結果をダイジェストでお伝えします。
個人の記憶によるところが大きいので、実際の内容とは異なる場合があります(適当)


---------------------------------

予選は4ブロック。
総当たり、上位2デッキが決勝トーナメントへ(同率はライフ差)
予選はメイン1本先取。決勝トーナメントからサイド有りの2本先取。

予選A

1位 ちんぽり エスパーエルドラージ 2-0
2位 ラッセル アブザン 1-1
3位 コンロリ 赤単 0-2


■ちんぽ(エスパーエルドラージ)×コンロリ(赤単)

赤単の1T目は《ゴブリンの栄光追い/Goblin Glory Chaser(ORI)》から。
2T目にも《鐘突きのズルゴ/Zurgo Bellstriker(DTK)》と勢い良いがランドが止まる。

《空中生成エルドラージ/Eldrazi Skyspawner(BFZ)》、《変位エルドラージ/Eldrazi Displacer(OGW)》、《反射魔道士/Reflector Mage(OGW)》で場を作っていく。
更に《精霊龍の墓/Tomb of the Spirit Dragon(KTK)》でゲインする一方、コンロリは《軍族童の突発/Hordeling Outburst(KTK)》で面を広げるコンロリ。

しかし、3/3の《変位エルドラージ/Eldrazi Displacer(OGW)》が越えられないうえに能力の起動も相成ってちんぽりの勝ち。

■ちんぽ(エスパー)×ラッセル(アブザン)

ラッセル1T目に《始まりの木の管理人/Warden of the First Tree(FRF)》スタート。
2Tアタック時の能力起動、スタックで《歪める嘆き/Warping Wail(OGW)》でこれを処理。

アブザンのタップイン処理などしている間に《難題の予見者/Thought-Knot Seer(OGW)》などで場を固めそのまま寄り切り。

■ラッセル(アブザン)×コンロリ(赤単)

《包囲サイ/Siege Rhino(KTK)》と《始まりの木の管理人/Warden of the First Tree(FRF)》がゴブリントークンの群れとにらみ合い展開。
しかし《始まりの木の管理人/Warden of the First Tree(FRF)》が順調に育っていき、8/8トランプル絆魂がゴブリンを管理し始めてアブザンの勝ち。


予選B

1位 ラッセル 赤黒ビート 2-0
2位 ちんぽり マルドゥグリーン 1-1
3位 コンロリ マルドゥ 0-2


■ちんぽ(マルドゥグリーン)×コンロリ(マルドゥ)

ちんぽり、《道の探求者/Seeker of the Way(KTK)》から入り、《苦い真理/Painful Truths(BFZ)》で差をつけていく。
一時消耗戦の様相を呈すが、《ゴブリンの闇住まい/Goblin Dark-Dwellers(OGW)》を引けたちんぽりの勝ち。

■ちんぽ(マルドゥグリーン)×ラッセル(赤黒ビート)

ラッセルの《搭載歩行機械/Hangarback Walker(ORI)》などでダメージが通りにくく《炎跡のフェニックス/Flamewake Phoenix(FRF)》などにライフを削られていく。
更に《雷破の執政/Thunderbreak Regent(DTK)》に対し《焙り焼き/Roast(DTK)》がハンドにダブつく展開に。
そのままライフを詰められて負け。

■コンロリ(マルドゥ)×ラッセル(赤黒ビート)

除去除去しいハンドのコンロリに対し、ラッセルはクリーチャーを並べていく。
タイトなダメージレースになっていくが、《搭載歩行機械/Hangarback Walker(ORI)》の飛行機械トークンが睨み合い迂闊に殴れない場に。
意を決してコンバットを開始したラッセル、ブロック前に《焦熱の衝動/Fiery Impulse(ORI)》で均衡を崩す。
ライフ1残し、ラッセルの勝ち。


予選C

1位 コンロリ 赤緑ランプ 2-0
2位 ラッセル 青赤果敢 1-1
3位 ちんぽり 4Cラリー 0-2


■ちんぽり(ラリー)×コンロリ(ランプ)

ラリーの土地とハンドがギクシャクしてる間に、《難題の予見者/Thought-Knot Seer(OGW)》ビートが始まりランプの勝ち。

■ちんぽり(ラリー)×ラッセル(果敢)

《神出鬼没の呪拳士/Elusive Spellfist(DTK)》2体によるビートと《ズーラポートの殺し屋/Zulaport Cutthroat(BFZ)》と《永代巡礼者、アイリ/Ayli, Eternal Pilgrim(OGW)》によるビートがすれ違う。
ラッセルが《空間の擦り抜け/Slip Through Space(OGW)》から《宝船の巡航/Treasure Cruise(KTK)》とつなげて果敢の勝ち。
ラリーはコンバットもミスってた。

■コンロリ(ランプ)×ラッセル(果敢)

ダメランからのダメージで自身を削っていく果敢に、ランプの《難題の予見者/Thought-Knot Seer(OGW)》ビートが突き刺さる展開。
《嵐追いの魔道士/Stormchaser Mage(OGW)》が空から頑張るがわずかに届かず。ランプの勝ち。


予選C

1位 ちんぽり グリクシス 2-0
2位 ラッセル マルドゥ 1-1
3位 コンロリ ブルーアブザン 0-2


■ちんぽり(グリクシス)×コンロリ(ブルーアブザン)

どっしり構える構築のブルーアブザンと《虚空の粉砕/Void Shatter(OGW)》4積みのグリクシスが噛み合うマッチ。
要所での脅威をカウンターし、《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn's Prodigy(ORI)》が反転しゲームをコントロール。
グリクシスの勝ち。

■ちんぽり(グリクシス)×ラッセル(マルドゥ)

グリクシスの土地が4で止まるも、手札に《虚空の粉砕/Void Shatter(OGW)》が3枚。
相手の展開を順番にカウンターor除去して、土地が伸びたところで《炎呼び、チャンドラ/Chandra, Flamecaller(OGW)》と《ゲトの裏切り者、カリタス/Kalitas, Traitor of Ghet(OGW)》が攻勢に。
マルドゥも土地を引きすぎた感あり。グリクシスの勝ち。

■コンロリ(ブルーアブザン)×ラッセル(マルドゥ)

飛行機械トークンビートでアブザンのライフを詰めていく展開。
《龍王シルムガル/Dragonlord Silumgar(DTK)》で攻勢を入れ替えようと試みるも《残忍な切断/Murderous Cut(KTK)》で叶わず。

細かいビートダウンでライフを削りきったマルドゥの勝ち。


これにて、予選終了。
ここからは決勝トーナメントの結果。

QF1

■ラッセル(赤黒ビート)×ラッセル(果敢)
使用者被りで赤黒ビートを選択。


QF2

■ちんぽり(マルドゥグリーン)×コンロリ(赤緑ランプ)

マルドゥの《包囲サイ/Siege Rhino(KTK)》などが強くてグリーンマルドゥが先取する。

サイド後、マルドゥの展開を《精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon(FRF)》がスイープ。
クロックを奪うが《包囲サイ/Siege Rhino(KTK)》と《乱脈な気孔/Shambling Vent(BFZ)》、《はじける破滅/Crackling Doom(KTK)》、《ゴブリンの闇住まい/Goblin Dark-Dwellers(OGW)》でウギンを退場させる。
《爆発的植生/Explosive Vegetation(DTK)》、《ニッサの天啓/Nissa's Revelation(ORI)》で後はフィニッシャーを引き込めばというランプ。

残された時間は、あとわずか、1ターンのみ。ドローは土地。
マルドゥの勝ち。

QF3
■ちんぽり(エスパーエルドラージ)×ラッセル(マルドゥ)

《難題の予見者/Thought-Knot Seer(OGW)》を出したエスパーエルドラージが先取。

《難題の予見者/Thought-Knot Seer(OGW)》を2体出したマルドゥが1本取り返す。

《難題の予見者/Thought-Knot Seer(OGW)》を出したが、除去して、
《難題の予見者/Thought-Knot Seer(OGW)》を出し返したエスパーの勝ち。

《難題の予見者/Thought-Knot Seer(OGW)》がただただ強いことが証明された。

QF4
■ちんぽり(グリクシス)×ラッセル(アブザン)

《森の代言者/Sylvan Advocate(OGW)》を《闇の掌握/Grasp of Darkness(SOM)》するスタート。
カウンター、除去の結果、アブザンは《風番いのロック/Wingmate Roc(KTK)》を強襲無しで展開する厳しい展開。
返しに、《灯の再覚醒、オブ・ニクシリス/Ob Nixilis Reignited(BFZ)》が強くて勝ち。

《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar(BFZ)》の除去に失敗してアブザンが押し切って星を取り返す。

2T目の《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn's Prodigy(ORI)》がそのままひっくり返って、アブザンもやや事故気味。
奥義も見えてきたところで投了。グリクシスの勝ち。

次は準決勝。

SF1
■ちんぽり(グリクシス)×ラッセル(赤黒ビート)

単除去多めのグリクシスに《雷破の執政/Thunderbreak Regent(DTK)》が立ちはだかる。
《灯の再覚醒、オブ・ニクシリス/Ob Nixilis Reignited(BFZ)》の+1能力を起動し、《時を越えた探索/Dig Through Time(KTK)》などから全除去を打つが、《コラガンの命令/Kolaghan's Command(DTK)》で回収されてしまう。
《極上の炎技/Exquisite Firecraft(ORI)》で終わり。赤黒が一歩リード。

サイド後も、《雷破の執政/Thunderbreak Regent(DTK)》がグリクシスのライフにプレッシャーをかけていく。
ブロッカーとして出した《ゲトの裏切り者、カリタス/Kalitas, Traitor of Ghet(OGW)》も除去されて、そのまま押し切られる。
赤黒ビートの勝ち。

SF2
■ちんぽり(エスパーエルドラージ)×ちんぽり(グリーンマルドゥ)

使用者被りのためグリーンマルドゥが決勝へ。


Final
■ちんぽり(グリーンマルドゥ)×ラッセル(赤黒ビート)

赤黒ビートの《雷破の執政/Thunderbreak Regent(DTK)》が《焙り焼き/Roast(DTK)》されずに空から殴りきる。
空中をさわれないマルドゥの欠点が出た展開となる。赤黒1本先取。

2本目は、《魂火の大導師/Soulfire Grand Master(FRF)》、《道の探求者/Seeker of the Way(KTK)》がライフを維持しつつ《苦い真理/Painful Truths(BFZ)》などでアドを稼ぐ展開。
手数の差を生かし、グリーンマルドゥが1本取り返す。

3本目、《雷破の執政/Thunderbreak Regent(DTK)》を連打する赤黒だが、
グリーンマルドゥ側はダメージを受けずに除去できる《はじける破滅/Crackling Doom(KTK)》を都合よく当て続けることができライフを維持しながらゲームを進めることに。

その後も《ゴブリンの闇住まい/Goblin Dark-Dwellers(OGW)》、《コラガンの命令/Kolaghan's Command(DTK)》、《包囲サイ/Siege Rhino(KTK)》とゲームを決めるカードを引き続けピチピチの引きを見せる。
ドローの差が、盤面とライフに影響し、グリーンマルドゥが押し切る。


というわけで、優勝はグリーンマルドゥでした。
《包囲サイ/Siege Rhino(KTK)》と《ゴブリンの闇住まい/Goblin Dark-Dwellers(OGW)》が雑に強かったです。
以上でございます。それでは。

ぷちりんぴっく 【デッキ紹介編】

OGW発売後、大きく変貌を遂げたスタン環境の一端を覗くべく、
イカれたオトナ3人がデッキを4つずつ持ち寄ってミニトーナメントを行いました。
プロキシ禁止なのでフェッチを始めとする各種キーパーツの配分が難しいところ。
大人力があれば解決できてしまいますが。

これはその結果を記録するものです。
それでは、イカれた仲間とぞれぞれが使ったデッキを御紹介致します。

-------------------------------------

■コンロリ さん
常にラッキースケベを夢想している思春期が終わらない男。モンモンの実の能力者。
MTGに置いても夢のようなアドアドしさを求めてくる。

【青春の残り香度】
ブルマ(紺)★★★★☆
スク水(旧)★★★☆☆
シスプリ  ★★★★★★★★★★★★★★★


【使ったデッキ】
1赤単
新戦力として加入した《無謀な奇襲隊/Reckless Bushwhacker(OGW)》の実力やいかに。
「一人回しだと楽しいんだけどな…(本人談)」

2マルドゥ
新戦力として加入した《ゴブリンの闇住まい/Goblin Dark-Dwellers(OGW)》の実力やいかに。
「一回も手元に来ませんでした…(本人談)」

3赤緑ランプ
《難題の予見者/Thought-Knot Seer(OGW)》入りのランプ。
「《世界を壊すもの/World Breaker(OGW)》が手札に来ないっすわ…(本人談)」

4ブルーアブザン
《オジュタイの語り部/Orator of Ojutai(DTK)》の0/4飛行ドローで場を固めて、
《包囲サイ/Siege Rhino(KTK)》、《龍王オジュタイ/Dragonlord Ojutai(DTK)》、《龍王シルムガル/Dragonlord Silumgar(DTK)》で蓋をする。
「悠長っすわ…(本人談)」

■ラッセル さん
声の小ささとは裏腹に見た目のオス臭さには定評がある。オスオスの実の能力者。
実際は残業続きで、MTGでもプレイに残業感がでてしまうほど。

【何かと間違えられる度】
ハッテン系男子★★★★☆
流星街系男子 ★★☆
《槌のコス》 ★★★★★★★★★(ほぼ立体アート)

【使ったデッキ】
1アブザン
所持しているフェッチランドの枚数的にランドに負担かかってるニキ。

2赤黒ビート

ほぼ赤単に黒をタッチ。色事故を防いでいる。
《搭載歩行機械/Hangarback Walker(ORI)》、《雷破の執政/Thunderbreak Regent(DTK)》などでビートダウンして、
《嵐の憤怒、コラガン/Kolaghan, the Storm's Fury(FRF)》や《極上の炎技/Exquisite Firecraft(ORI)》で〆てくるニキ。

3青赤果敢
ダメランをフルに採用しているため果敢誘発の度に自身にもダメージ入るニキ。

4マルドゥ
みんな大好き《ゴブリンの闇住まい/Goblin Dark-Dwellers(OGW)》。
普通に強いが、ランドベースの怪しさは残るニキニキ。


■ちんぽり さん
Amazonのお薦めにローションが並ぶ。低粘度のサラサラしてるやつが好き。ネバネバの実の能力者。
MTGにおいてもやっぱりネバネバしたデッキが好き。

【粘着度】
ペペ360 オーガニック ★★★☆☆
ペペ360 ワンカース  ★★★☆☆
ペペ360 OMEGA3    ★★★★☆(キャッチコピーは「臆病者使うべからず」)
 

【使ったデッキ】
1エスパーエルドラージ
《空中生成エルドラージ/Eldrazi Skyspawner(BFZ)》、《難題の予見者/Thought-Knot Seer(OGW)》、《現実を砕くもの/Reality Smasher(OGW)》
って動いて《真面目な訪問者、ソリン/Sorin, Solemn Visitor(KTK)》か《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar(BFZ)》出したら強いんちゃうの?ってデッキ。

2マルドゥグリーン
普通のマルドゥグリーン。《ムラーサの胎動/Pulse of Murasa(OGW)》の6点ゲインって雑に強い気が。

34Cラリー
《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn's Prodigy(ORI)》無し。無いと弱いなって実感。

4グリクシスミッドレンジ
BMプロの松本Aさんがブログにあげてたレシピ。
《虚空の粉砕/Void Shatter(OGW)》が強い。

----------------------------------------------

人物とデッキ紹介は以上です。
【本戦編】に続きます。
プロフィール

ロリック&ミドル&ラッセル

Author:ロリック&ミドル&ラッセル
<ロリック>
好きなモノリス:厳かなモノリス
嫌いなモノリス:翡翠のモノリス
twitter

<ミドル>
好きな色は白
嫌いな色は赤
twitter

<ラッセル>
好きなカードは「稲妻」
嫌いなカードは「物語の円」
twitter

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。